【必見】焦げ付かない丈夫なフライパン、フィスラーのアダマントクラシック!その魅力を徹底解説!

フィスラーアダマントクラシックアイキャッチ画像
  • URLをコピーしました!
ちゅー

フライパンを使った料理をするとき、食材が焦げ付いてしまって困るんですよね!

wansuke

せっかくの料理自慢も、フライパンの焦げ付きで思うように腕を振るえず困っている方も多いのではないでしょうか。

料理をするとき、出番が多いのがフライパンです。

wansukeも使っているうちにコーティングが傷んできて食材が焦げ付いた経験があります。

そこで、いろいろ探してみました。

すると、焦げ付きを解決してくれる傷に強くコーティングが長持ちする丈夫なフライパンがあったんです。

その名も、ドイツ製のフライパン「フィスラーのアダマントクラシック」です。

本記事では

フィスラーってなに
フィスラーのアダマントクラシックが焦げ付かないのはなぜ
フィスラーのアダマントクラシックの焦げ付かなさ以外の魅力って
フィスラーのアダマントクラシックって評判はどうなの
フィスラーのアダマントクラシックってどう使うの
フィスラーのアダマントクラシックをお得に買う方法は

について紹介します。

そして、焦げ付かない丈夫なフライパンからあなたのキッチンライフをサポートします。

確かなコーティング技術で安心して調理することができます。

もちろん焼き加減も手を抜いていません。

<<この記事を書いたボクはこんなヒト>>

この記事を書いた人

ブログ歴20か月
 フライパン研究家 
 調理器具を中心に入浴剤など気になるものを徹底紹介
Twitter歴9か月@wansuke2022)
note歴9か月
Ameba歴9か月
目下ブログのアクセス増加中
Twitterフォロワー2,300人超えて増加中

wansuke

フィスラーのアダマントクラシックを使うと、油の量を節約できます。
まさに、ヘルシー&経済的です。
焦げ付きを気にせず、熱伝導率のよさを生かした料理を楽しめますよ。

この記事は、13,000文字ほどなので、10分程度で読めます。

ぜひ読んでみてください。

目次(見たい項目をクリック)

フィスラーとは

フィスラーとは、175年の歴史があるドイツのメーカーです。

世界70か国上で販売をされている高級調理行くのトップブランドです。

フィスラーは、使う人のニーズに合った高品質で、デザイン性に優れた調理器具を提供してくれています。

今回紹介しているフライパンを見てもらうと、その機能美に惚れ惚れします。

作っている商品は

  • 圧力鍋
  • ステンレス鍋
  • フライパン
  • キッチンツール

などがあります。

本記事は、フライパンに注目して紹介しています。

フィスラーのアダマントクラシックが焦げ付かないのはなぜ

それは、フィスラーのアダマントクラシックのフッ素樹脂加工の強さのおかげです。

なんせ、3層にわたってフッ素樹脂コーティングをしています。

しかも、加工がしっかりしているので、少量の油でも焦げ付かず調理できてヘルシーですね。

加工面の強さを可能にしているのが、フッ素樹脂加工を支えている炭化ケイ素です。

アダマントコーティング

炭化ケイ素は、硬い。

滑石を1、ダイヤモンドを15とする修正モース硬度では、13です。

このおかげで、高い熱伝導性を保ったまま、傷つきにくい強さをもっているんです

硬度については、以下を参照してください。

モース硬度って?

モース硬度とは、物質の硬さを数値化して示した指標のことです。
モース硬度のモースとは、グラツ・フライブルク大学の大学教授であり鉱物学者、地質学者でもあるフリードリッヒ・モースが1812年に考案したモース硬度計の尺度を基準としているので、その名前を使っています。

硬度No鉱物名
新モース硬度No1 滑石
(かっせき/talc)
新モース硬度No2石膏
(せっこう/gypsum)
新モース硬度No3 方解石
(ほうかいせき/calcite)
新モース硬度No4蛍石
(ほたるいし/fluorite)
新モース硬度No5燐灰石・アパタイト
(りんかいせき/apatite)
新モース硬度No6正長石
(せいちょうせき/orthoclaes)
新モース硬度No7溶融石英・シリカガラス
(silicaglass)
新モース硬度No8石英
(せきえい/quartz)
新モース硬度No9トパーズ・黄玉
(topaz)
新モース硬度No10ガーネット・柘榴石
(ざくろいし/gemus)
新モース硬度No11溶融ジルコニア
(zirconia)
新モース硬度No12溶融アルミナ
(alumina)
新モース硬度No13炭化ケイ素
(silicon-carbide)
新モース硬度No14炭化ホウ素
(boron-carbide)
新モース硬度No15ダイヤモンド・金剛石
(diamond)
【新モース硬度(修正モース硬度)一覧表】
wansuke

ダイヤモンドに近い硬さを持っているのが分かりますね。

傷つきにくい丈夫なフッ素樹脂加工のおかげで、焦げ付かない状態が長続きするということです。

焦げ付かなさについては、こちらの記事でご覧ください。

⇧目次へ戻る

フィスラーのアダマントクラシックの焦げ付かなさ以外の魅力って

フィスラーのアダマントクラシックの魅力は強さだけなのでしょうか。

実は、まだ4つも魅力があるんです。

では、順番に魅力をご紹介します。

抜群の熱伝導性

フィスラーのアダマントクラシックは、炭化ケイ素を使用しています。

そのため、抜群の熱伝導性を持っています。

その抜群の熱伝導性のおかげで具材に早く熱が伝わり、調理の時短に貢献しています。

熱の伝わり方については、こちらの記事をご覧ください。

抜群の耐久性

そして、底面の加工↓

フィスラーのアダマントクラシック底面

この加工にも意味があります。

この加工は、熱膨張率を考えて作られています。

それは、加熱した時に平らになるようにしているんです。

そのおかげで、IHを含む全ての熱源で使用できるとともに、熱による変形を受けにくく耐久性も備えているんです。

PFOA/PFOSフリーで安心

フィスラーのアダマントクラシックはPFOA/PFOS

フィスラーのアダマントクラシックは、人体に有害な影響を与えると言われているPFOA/PFOSを一切使用していません。

PFOA/PFOSとは?

PFOS(パーフルオロオクタンスルホン酸)やPFOA(パーフルオロオクタン酸)は、フッ素を含んだ人工有機フッ素化合物(PFAS)で、フッ素系の撥水剤、防水剤、グリースなどに使用されている物質ですが、人体に蓄積する性質が指摘されています。
引用元:三重県環境保全事業団 :: PFOS及びPFOA調査・分析のご案内より

使い勝手のよいハンドル

フィスラーのアダマントクラシック

写真を見ると分かりますが、取っ手の部分が真っすぐではありません。

その理由を、フィスラー社に尋ねてみました。

wansuke

なぜ取っ手がややカーブしているのですか?

フィスラーの会社の方

実は、このカーブが、フライパンの握りやすさ・扱いやすさを生み出しているんですよ。

フィスラーのアダマンクラシックは強さ・熱伝導率へのこだわりだけでなく、人間工学にもこだわって設計さているんですね。

⇧目次へ戻る

フィスラーのアダマントクラシックって評判はどうなの

では、ここでフィスラーのアダマントクラシックの口コミを見てみましょう。

パターン(種類): フライパン 単品サイズ: フライパン 20cmAmazonで購入まず初めに、アダマントはテフロンじゃないので安全と思われている方がいますが、フッ素樹脂は入っているようです。ですので、空焚きをしてフッ素樹脂の分解温度を超えれば有毒のガスを出すと思われます。その点はテフロン(デュポンの登録商標)・フッ素樹脂加工の製品と何ら変わらない危険性を持ち合わせていると思います。空焚きはしない様に!

レビューですが、表面は若干ガサガサしていますが、くっ付き難さは最高レベルです。リンゴなど糖分を多く含んだ食品を焼いても、スル~ッと滑ります。実に快適です。

焦げないとの評価もありましたが、焦がす事も可能です。ちゃんと焦げ色を付けられます。

そして適度な重さがあるので、フライパンを振る際に良い感じで食材を飛ばせるし回せます。フライパン上部へのカーブが適度な曲面を描いているので、食材を綺麗に空中に飛ばせるのです。安物のフライパンだと、強引に食材を持ち上げるような感覚になったりしますが、このフライパンは滑りとカーブで力をあまり必要としません。

買ってからまだ一か月ほど、ほぼ毎食料理に使ってますが、焼く面には傷一つありません。耐久性は、かなりの物と思われます。フライパンに特筆すべき変化がありましたら、追記します。それまでは、新品時の性能を保っているという事で!

引用元:amazonより

商品の外装(Fisslerの箱)で届きました。他のECサイトでは段ボールに入れられて届くのですが、
Amazonでは違いました。ちょっとビックリしました。
とはいってもどうせ箱は捨てるので問題はないのですが、高いフライパンなのでもう少し配慮をAmazonさん。

フライパンの使い心地は、最高です! 
焼いている時もこびりつかず、洗った時も楽に汚れが落ちます!
料理の出来栄えはというとお肉はカリっとふんわり。餃子は中がジューシーで羽根がカリカリ。
これは先進のコーティング ”アダマント”とフライパン表面のザラザラ処理に加え、底が厚めにできていることによるものだと思います。

一点、届いたとき、持ち手がグラグラな状態でした。
プラスドライバーで締めたらしっかり固定されたので問題はないのですが、もう少ししっかり検品してほしいところです。

総合的に良いフライパンでおすすめです。
20cmと26cm 二つ購入し料理に応じて使い分けています。

引用元:amazonより

めっちゃ使いやすいフライパンです。
道具がよくて、料理が上手くなるみたいな体験ができました。このコーティング技術素晴らしすぎますよ~!卵が焦げ付かないので、これがあると中が半熟のオムレツとか、簡単にきれいに作れるようになります(@_@)

コーティングがさわった感じざらざらしてると書いてるかたがいますが、むしろこれが普通のテフロンよりも良いのでは?焼いてる物がびっくりするほどするんと剥がれるんです。ここまで差を感じたフライパンは初めてで、思わず口コミしに来ました。笑
多少厚手なのであたたまり出すまではじっくりめですが、素材への火の通り方も理想的でした。ふっくらこんがりみたいな感じですね。
絶対におすすめします。

引用元:amazonより

今までに使った中で一番良いフライパンです。似ている日本製の物と比べても、お肉やホットケーキ、綺麗に美味しく焼けました。鉄製のフライパンも持っていますが、こちらの方が使いやすいです。他のサイズの物が駄目になったら、こちらの商品をまた買いたいと思います。あとは耐久性があることを期待します。

引用元:amazonより

重すぎず
こびりつかず
料理が美味しくできる
パエリアを作りそのまま食卓へ
買って良かったです

引用元:amazonより

パターン(種類): フライパン 単品サイズ: フライパン 24cmAmazonで購入お値段は少し高めで、迷いましたが期待にたがわぬ逸品でした。毎朝の目玉焼きは、油をひかずともきれいに焼けます。テフロンが剥がれぬよう、長く使えるように大切に使っています。

引用元:amazonより

お守り的存在
テフロンは身体に良くないと知り、最近は鉄フライパンで過ごしてましたが、どうしても重いのとくっついてしまう時があるのでなるべく安心できるものを探してました。
でもやっぱり重い。
けどくっつかない安心感があるので鉄フライパンを使う元気がない時は心強いです。

引用元:楽天市場より

おおむね、満足をしているようです。

ただ、へらの使用について不安の声も聞こえます。

今迄持っていたフライパンはコーティングは剥がれずらかったのですが重くて大変でした。
しかし、こちらは軽いですし、おまけのスポンジも良いので嬉しいです。
あとは金属ヘラも使えるとのことですが、どのくらいコーティングがもつかです。

引用元:楽天市場より

軽さに満足していただいてますが、金属へらも使っていくうちにその加減が分かると思います。

不安な場合は、無理して使わないことも大事ですね。

\アマゾンで26cmの価格を見る/

⇧目次へ戻る

フィスラーのアダマントクラシックどう使うの

フィスラーのアダマントクラシックで効果的に調理をするための簡単な使い方や長持ちさせる方法を紹介します。

初めて使う時

全体をまんべんなく洗います。

熱湯で洗い流したあと、乾かしてオイルを全体に塗り、サッと熱します

ただし、5分以上にわたって空焚きしたり、オイルを入れて高温で熱し続けないことが大切です。

wansuke

熱しすぎは、コーティングが傷ついて、焦げ付き防止の力が弱るんです。

料理する時

オイルを塗る

ペーパータオルに3、4滴のオイルをたらしてフライパンに油を塗ります。

必要なら、油を足してください。

中火で熱する

フライパンを火にかけ、3~4分ほど熱します。

火加減は、中火以下が基本です。

底面が厚いので、フライパンの温度が上がるのに少し時間がかかります。

wansuke

これから美味しい料理ができると思うと、ワクワクドキドキの時間ですね。

フライパンが高温度になりすぎないよう注意してください。

火を止める

材料をフライパンに入れてまんべんなく炒めます。

火を止めるタイミングは、好みの焼き、炒め加減の少し手前です。

wansuke

余熱があるので、大丈夫です。

調理後すぐに冷水をかけない

フッ素樹脂加工のフライパン全般に言えることです。

それは、調理後の高温状態の時に水をかけてはいけないということです。

高温の状態から急激に冷やすと、金属が縮んだり、ひび割れたりするだけでなく、フッ素樹脂加工へのダメージも心配されます。

wansuke

しっかり冷ましてから洗うのがいいですね。
wansukeの家でも、気をつけています。

長く使うには

フィスラーのアダマントクラシックを長く使うために、コーティングを守ることが大切です。

そのために以下の点に気を付けてください。

  • できるだけプラスティックや木製のキッチン用具を使う。
  • ナイフや尖ったもの、メタル製のものは避ける。(丈夫に作ってはいますが)
  • 本体の中でナイフを使って食材を切らない。
  • 引っかき傷をつくったり、コーティングをはがしてしまうようなクリーナーでは洗わない。
  • フッ素加工フライパンの洗浄は、お湯で洗い流すだけで充分。

フィスラーのアダマントクラシックをお得に買う方法は

では、フィスラーのアダマントクラシックをお得に買うには・・・、ということでネットの価格を調べてみました。

サイズは、20cm・24cm・26cmの3種離の展開です。

商品サイズ楽天市場
(税込)
Amazon
(税込)
Yahoo!ショッピング
(税込)
 20cm6,800円
送料無料
5,491円
送料無料
6,980円
送料無料
24cm8,470円
送料無料
7,717円
送料無料
7,863円
送料無料
26cm12,689円
送料無料
7,800円
送料無料
10,603円
送料無料

購入したいサイズによって、販売サイトを選ぶといいですね。

それぞれのサイズとネットの価格を確認したい方はコチラ↓

⇧目次へ戻る

フィスラーのアダマントクラシックの気になる点は

タフで魅力的なフィスラーのアダマントクラシック

ちょっと気になることもあります。

少し重い

アルミでできていますが、底面がやや厚めに作られているので同じ大きさのフライパンに比べると少し重いのが事実です。

wansuke

でも、扱えないほどの重さではないので、大丈夫です。

重さについては、フィスラーのアダマントクラシックの仕様をみるとよくわかります。

ちなみに、セラミック加工のグリーンパンだと、26cmで880gです。

価格が高い

セラミック加工のグリーンパンだと、トライアルシリーズ28cmで、5,700円です。

他のフッ素加工のフライパンは、2,000から3000円ほどです。

フィスラーのアダマントクラシックは、20cmでも定価6,000円を超えます。

それでも、お高い価格だと思います。

wansuke

ま~、ドイツ製ということ、丈夫に作っているということで、費用対効果を考えるとお買い得かもしれません。

使用温度に注意がいる

フィスラーのアダマントクラシックは、フッ素加工をしています。

フッ素樹脂の性質上、高温で使用すると加工を傷める可能性があります。

wansuke

使用温度は、低温から中温での使用が望ましいですね。

さらに、フィスラーのアダマントクラシックはフライパンの底面が若干厚めに作られているので、余熱に時間がかかります。

その際も、低温から徐々に温度が上がってくるので、温度が上がりすぎないようにちょっと気を使います。

使用していくなかで、取り扱いにも慣れてくると思います。

⇧目次へ戻る

フィスラーのアダマントクラシックのQ&A

クッキングシートは使えますか?

フライパンへの匂い移りを避けたいときなど、クッキングシートを使うことがあると思います。その時は、クッキングシートの耐熱温度や注意事項を確認しておく必要があります。

また、フライパンと食材が接していない状態だと空焚き状態になることがあります。弱めの火加減で調理したり、クッキングシートとフライパンの間に少量の油を塗っったりして調理するといいですね。

焦げ付くことがあるの?

フライパンが高温で熱せられ、フッ素樹脂が260℃以上になった時、加工にダメージが出て焦げ付くようです。

最初に、適量の油を塗ることがフッ素樹脂の加工を長持ちさせてくれます。

もし、焦げ付く場合は少量の油を塗って使用するのがいいですね。

寿命はどのくらい?

一般的なフッ素樹脂加工のフライパンの寿命は2~5年と言われています。しかし、扱い方を間違うと、もっと短くなる可能もあります。適切な使い方・片づけ方で、長く使えるように気をつけたいですね。実際wansukeの家では、熱いフライパンをすぐに水で洗っていて、ものすごく早くフッ素樹脂の効果がなくなりました。

ちなみにフィスラーのアダマンクラシックのフッ素樹脂加工の補償期限をメーカーに確認したのですが、フッ素樹脂の加工に対する補償は、特に設定されていませんでした。

フィスラーのアダマントクラシックの仕様

3種類の仕様は、次のようになっています。

品名20cm24cm26cm28cm
商品サイズ‎21 x 40 x 9.5 cm‎25×44 x 9.5 cm26 x 47 x 9.5 cm29×48×9.5cm
重さ680.39g861.83g1,010g1,200g
素材アルミウム
容量1.0L以上1.5L以上 2L以上2.8L
対応熱源ガスレンジ・電磁調理器・ハロゲンヒーター・IH
常用温度範囲 ‎ ‎230 摂氏
表面加工 ‎ ‎フッ素コーティング

一番大きな26cmは1kg程度なので、ちょっと重さが気になる人がいるかもしれません。

wansuke

もちろん鉄のフライパンに比べれば、断然軽いんですけどね。

フィスラーのアダマントクラシックおすすめの人

フィスラーのアダマントクラシックは、こんな方におすすめです。

おすすめの人
丈夫なフライパンが欲しい人
お手入れがしやすいのが欲しいという人
熱伝導率がいいのが欲しいという人
取っ手が滑りにくいのが欲しいという人
スタイリッシュなフライパンが欲しい人

⇧目次へ戻る

まとめ

175年余の歴史を持つドイツのメーカー「フィスラー社」

その中の「アダマントクラシック」。

メリット
デメリット
  • 丈夫
  • 熱伝導率がいい
  • 保温性が高い
  • お手入れしやすい
  • すっきりしたデザイン
  • やや重い
  • やや価格が高い
  • 高温調理にはむかない

傷つきにくい丈夫さがwansukeには魅力です。

お値段がしますが、それ以上の使い心地と調理の幅を広げてくれます。

では、また。wansuke(@wansuke2022)でした。

⇧目次へ戻る

フィスラーアダマントクラシックアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次(見たい項目をクリック)